虫歯治療

親知らず

親知らず


虫歯(むし歯)とは

むし歯病原菌(ミュータンス菌など)が口の中の糖を利用して「酸」を作ります。その酸によって歯の表面が溶かされていく病気です。
虫歯は自然治癒で元の歯の状態に戻ることはありません。そのため、むし歯病原菌に侵された部分を取り除いたり、溶けた部分を詰めたり、かぶせ物をしたりします。

痛みに対する配慮

麻酔の前に表面麻酔を塗布し、麻酔液をゆっくりと注入します。
細い麻酔針を使用し、患者さんにとって痛みが少なくなるよう細心の注意を払い治療を行っております。

むし歯の段階(C1~C4)により治療法が異なります。

C1:エナメル質内の虫歯

C1

歯の表面のエナメル質が溶け始めた段階の虫歯です。
この段階ではまだまだ削って詰める必要はないです。
むし歯には穴になっていないむし歯と穴になっているむし歯があります。穴になっていないむし歯はフッ素を塗ったり、プラークを除去すれば再石灰化が促されるので削る必要はありません。ただ残念ながら穴になってしまっている場合は、頑張って歯ブラシやフロスをしても汚れは取れない環境にある為に、合成樹脂(レジン)で詰める必要があります。

C2:象牙質に達した虫歯

C2

エナメル質の内側の象牙質にむし歯が達したものです。
象牙質はエナメル質により軟らかい組織なので、むし歯の進みかたが速くなります。

C3:歯髄(神経)に達した虫歯

C3

象牙質の内側の歯髄にまでむし歯が達したものです。この段階では、歯髄に細菌が進入し激しい痛みを伴うことがあります。 歯髄の炎症が重度な場合は、歯髄組織を除去したあとで、根管内を消毒し、シーリング材を用いて充填します。 また、歯髄が死んでしまった歯はもろくなりますので、クラウンなどの被せ物をします。 症例によっては、特殊な抗生物質を用いて歯髄を保存する処置を行う場合もあります。
何もしなくてもズキズキ痛む痛み(自発痛)が出てしまった場合は神経を抜く必要が出てきてしまいます。神経をとると歯の寿命は半分になると報告されています。予防メインテナンスを受けて歯の神経を取ることはできる限り避けましょう。

C4:歯質が失われた虫歯

C4

歯冠が溶けて無くなり、根の部分だけが残っている状態です。 C3の場合と同様に治療し被せ物をするか、やむを得ない場合は残った歯根部を抜歯します。 抜歯した部分は傷が治った後に、ブリッジ・部分入れ歯・インプラントなどの方法で補うことになります。

症例

症例1

治療中 治療後
症例① 症例①
主訴 歯に穴が空いた
治療期間 1日
コメント むし歯の原因を歯科衛生士にてコントロールしたのちは、精密な治療が必要です。病気が再発しないようにきちんとした治療を受けることで、今後のメインテナンスをしやすい環境を整えることが出来ます。

症例2

治療前 治療後
症例② 症例②
主訴 歯ブラシが引っかかる
治療期間 2週間
コメント 当院では詰め物や被せ物を装着する前に、レントゲン写真を撮影し適合を確認します。それは歯と金属の間に大きな段差があると、歯ブラシ・フロスが引っかかり、病気が直ぐに再発してしまうからです。我々のゴールは装着するまでではなく、その歯が如何に長持ちするかにあります。

歯を大切に想うあなたへ…

全ての診療のベースに予防があります。その上に精度の高い治療、患者さんと生涯寄り添ったメインテナンスがあります。
日本橋すこやか歯科は、予防を軸とした医療を通じてすこやかな人生に貢献します。