https://oshima-dentalclinic.jp/wp-admin/theme-editor.php?file=onecolumn-page.php&theme=beproud-01

治療方針

治療方針

治療の考え方に関して

患者さんから良く聞かれる質問として、「日本橋すこやか歯科さんでは、治療もやっているんですか?」というものがあります。

もちろん行っています!

では一般的な「治療型の歯科医院」と「予防型の歯科医院」の「治療」は何が違うのでしょうか?

 

内容は同じだと思います。削ったり、詰めたり、かぶせたり、インプラントをしたり。

しかし決定的に違うのは、治療の「目的」です。

一般的な歯科医院で患者さんが病院に行かれる時は、歯に症状(痛い、しみる、詰め物が外れたなど)があるのでそれを治しに行くという感覚が当たり前だと思います。

つまり「病気を治す」のが目的です。

当院での考えは、虫歯は治らないと考えています。
治るというのは穴が空いてしまった歯のエナメル質を再生させることです。そこに人工物を詰めても治ったことにはなりません。

今まであったエナメル質、象牙質が失われたために、人工物で「置き換える」ただそれだけです。
もしその虫歯になってしまった原因が残っているのであれば、その人工物に置き換えるという行為は繰り返されてしまいます。

 

当院での治療の目的は、「環境を整える」ことです。

どういうことかというと、一度治療した場所を病気が再発を起こさないようにきちんと治療するということです。

歯と詰め物の段差を出来る限り小さくして、そこにプラークがなるべく溜まりにくい環境を作り、患者さんがフロスをすれば綺麗になり、衛生士がメインテナンスを行えばきちんとコントロールが出来るという環境が大切なのです。

 

歯は治療が出来る回数が限られています。

初めは小さい詰め物になり、大きい詰め物になり、神経をとって被せ物になり、根っこの先が腫れて再治療になり、被せ物の中が虫歯になり歯を抜く・・・。
これは典型的な例だと思います。

治療を繰り返せば繰り返すほど、歯は悪くなります。
しかも治療は痛いし、苦痛ですよね。

なので再発をしないように、歯が悪くならないように「予防型歯科医院」での治療はそこが目的です。

 

ではインプラントに関する考えはどうでしょう。

これも患者さんによく聞かれます。「身内にインプラントを検討している人がいる。先生の考えを聞かせてほしい。」のようなものです。

当院の考えは、「良く良く考えてください。」です。

インプラントは必要な部分にきちんと行えば、歯を守れる非常に良い治療方法だと思います。

例えば、抜いた歯の両隣の歯が削っていない歯でそこを削らないようにするためにインプラントをするパターンです。これはすごく良いと思っています。

抜いた歯の両隣の歯を削って3本連結したブリッジというものを入れると両隣の歯が非常に大きいダメージを受けます。
つまり両隣の歯の寿命は短くなります。

ここでもう1つインプラントに関してよく聞かれる質問を出すと、「インプラントって一生持ちますか?」です。

 

答えは、「一生持つかもしれないし、持たないかもしれません。」です。

「必ず一生持ちます」、なんてものはこの世には存在しないからです。
1000万円の車だって、そこを売りにはしていないですよね。

先ほどの話に戻すと、
たとえインプラントが20年でダメになりました、という状況でも両隣の歯を削っていないのでインプラントがある間は守れています。
インプラントがダメになったら、そこからもう一度インプラントやブリッジを検討することが出来ます。

もしブリッジにしていたら、20年で両隣の歯がダメになっているかもしれません。崩壊の輪が止まりません。

つまり歯を守るためのインプラントなのです。

インプラントが有効な状況は他にも色々あります。なので良く良く考えて行うのが良いと思います。

インプラントはトラブルも多い治療方法です。

そのトラブルを避けるためには、患者さん自身が良く知り、なぜ行うのかを考える必要があります。

 

患者さんに「私素人なのでよく分からないから先生にお任せします」と言って頂くことがあります。

もちろん信頼して下さってそのように仰って頂くことは、医療人冥利に尽き、嬉しいことです。
しかし、それで患者さんにあまり情報提供をせずに治療を進めるのは、患者さんの知る権利を奪ってしまうと考えています。

なぜ今行なっている治療が必要で、どんなメリット、デメリットがあって、治療を行った後どんな結果になったのか。

それをきちんと情報提供して患者さんも分かってもらう事が医療です。
それはインプラントだけではなく、小さな虫歯の治療の時でも言えると思います。

情報提供をきちんと受けて、それで患者さんがご自身で選択をする事が大切です。
医師はそれを手助けしなければなりません。

そうやって行なったインプラントはトラブルが少ないのではないでしょうか。

心臓の手術とかだと医師はその説明を行いますよね。

長文になりましたが、ここまで読んで頂きありがとうございます。

当院では日々患者さんの大切な歯を守るために研鑽しております。

日本橋すこやか歯科
院長 大島拓也

茅場町の歯医者【日本橋 すこやか歯科】茅場町駅 5分

日付:   カテゴリ:院長ブログ

歯を大切に想うあなたへ…

全ての診療のベースに予防があります。その上で精度の高い精密治療、患者さんと生涯寄り添ったメインテナンスがあります。
日本橋すこやか歯科は、予防を軸とした医療を通じてすこやかな人生に貢献します。