治療方針

治療方針

カテゴリ: 院長ブログ

マイハイジニストとは?

みなさんは定期的にメインテナンスを受ける習慣をお持ちでしょうか。
日本橋すこやか歯科で、既にメインテナンスを受診されていらっしゃる患者さんも沢山いらっしゃることと思います。


 

では、メインテナンスを受診する目的とは何でしょうか。

定期的にお掃除するためでしょうか。
着色を落として歯の表面を白くすることでしょうか。
早期に虫歯を見つけ早期に治療するためでしょうか。

 

歯の表面の汚れを一時的に綺麗にすることは予防ではありません。
また着きますし、その汚れを取り除かなくてももしかしたら大丈夫なのかもしれません。

早期に虫歯を見つけることはとても重要です。
しかし、その虫歯、本当に削って良いのでしょうか。治療を受けた歯の寿命がどうなるかご存知でしょうか…
正しい知識があれば隣の歯が同じ運命をたどるのを防ぐことが出来るかもしれません。

 

歯科衛生士はお掃除のプロとしてではなく、患者さんの生活に寄り添い、生涯にわたり歯の健康管理をする役割を担っています。

あなたのすこやかで明るい明日のために、マイハイジニストを見つけませんか?
これから先長い人生を元気に過ごすために、日本橋すこやか歯科の定期メインテナンスをぜひお役立てください。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

日本橋すこやか歯科
大島拓也

茅場町の歯医者【日本橋 すこやか歯科】茅場町駅 5分の歯医者

日付:  カテゴリ:患者さんへの取組み, 院長ブログ

クラウドサービスのご案内

今回は、日本橋すこやか歯科で導入したクラウドサービスのご紹介をいたします。

当院では、患者さんおひとりおひとりのお口の中の情報を、パソコンのデータで管理しています。
先日院長が投稿しております初診時の検査も含め、治療中、メインテナンス時の検査データを担当歯科衛生士が責任持って管理しています。

これまでは、これらの情報を患者さんには必要に応じてプリントしてお渡ししていましたが、ご希望の方にはスマートフォンやタブレットからクラウドで簡単に閲覧できるサービスを提供できるようになりました。

●ご登録の流れ

1.メールアドレスを確認させていただき、患者さんにご登録用のメールを送信いたします。
2.ご自身の情報をご登録いただいた後、担当歯科衛生士がデータをアップロードします。
3.患者さんのお持ちのスマートフォンやタブレットなどで、検査情報を閲覧することができます。

従来通りプリントしたデータをお持ち帰りいただくことも、もちろん可能です。

大切なことは、そのデータを患者さんの今後の生活に生かしていただくことです。

患者さんの大切な一本の歯をより長く使っていただくため、私たちはデータを大事にしています。
健康なお口の環境はもちろん、治療が必要になってしまった時も、そのときの治療だけでなくその後の経過もきちんとフォロー出来てこそ、歯科医院としての価値がはかれるものだからです。

精度の高い治療、そして予防。患者さんのご協力無くして成り立つものではありません。
その場しのぎの治療より、いかに長くご自身の歯をしっかり噛める状態でお使いいただくか。
私たちの歯科医療に対する気持ちが、少しでも多くの患者さんに伝わると嬉しいです。

新しいサービスも患者さんのすこやかな毎日のため、ぜひお役立ていただければと思います。

クラウドサービスにつきまして、何かご不明点などございましたらお気軽にスタッフにお尋ねください。

茅場町の歯医者【日本橋 すこやか歯科】茅場町駅 5分の歯医者

日付:  カテゴリ:患者さんへの取組み, 院長ブログ

美しい白い歯になるホワイトニング

ホワイトニングについて

当院のホワイトニングについてご説明させて頂きます。
ホワイトニングは歯科医院で行う「オフィスタイプ」とご自宅でやって頂く「オフィスタイプ」があります。
値段はオフィスが4万円、ホームが3万円、両方同時に行う場合は6万5千円になります。

内容に関してはまず「オフィスタイプ」ですが、施術時間は1時間半です。
ホワイトニング予定日より前に知覚過敏予防用の薬が入ったトレーをお渡ししますので、当日は来院前にそれを使用して頂きます。
ホワイトニング中のお痛みや術後の染みる症状を抑制する目的で15分~60分間ほど口腔内に装着して頂きます。

その後来院して頂きましたら、ますホワイトニング予定部位をクリーニングします。

術部が綺麗になりましたら、歯肉を保護し、Ultradent社製のオパールエッセンス BOOSTを使用します。

同製品の特徴としましては、ホワイトニングで特徴的な光を当てなくても良いことです。

それにより術中の疼痛が軽減されるとされています。

その後、色を確認して頂き、終了となります。

次に「ホームタイプ」ですが、まず歯型を型取りさせて頂きます。

所要時間は20分ほどです。型取りが終わりましたら一旦ご帰宅頂きます。

その後ホワイトニング用のマウスピースを作成し、そのマウスピースとホワイトニング用ジェルをお渡ししますのでご自宅で使用して頂きます。

もしジェルがもう少し欲しいという方には12000円で販売しています。

以上が2タイプの説明となります。

両タイプの比較としては、「オフィスタイプ」は術者がやるので毎日マウスピースを入れてというような煩わしさはありません。

しかし、ややオフィスの方が色の後戻りはしやすいと言われています。

「ホームタイプ」は2週間ほど毎日ジェルをつけてマウスピースを装着するので自己管理が必要になります。

しかし、色の後戻りがオフィスに比べて少ないと言われているのと、最初に行ってから日にちが経過したのちに、再度ホワイトニングを行いたい場合、追加のジェルが比較的安価で購入できます。

当院でのホワイトニングは、検査が終わり、ドクターがチェックして、ほかに治療が必要ない状況になったら行います。

ホワイトニングのみ行って欲しいという方には非常に恐縮ながらご希望に添えない場合が御座いますのでご了承ください。

以上、参考にしてみてください。

宜しくお願い致します。

日本橋すこやか歯科

大島拓也

茅場町の歯医者【日本橋 すこやか歯科】茅場町駅 5分の歯医者

日付:  カテゴリ:院長ブログ

初診時の検査について

突然ですが、歯科医師である私大島拓也は、どのような歯科医療を受けているでしょうか?
自分の歯をどのようにしていると思いますか?

 

歯医者さんなんだから歯が綺麗なんでしょ?なんてよく言われます。
僕自身は自分の歯を削りたくありません。なぜなら痛いからです。
削られている感触も嫌いですし、そもそも麻酔をするあの雰囲気からして嫌いです。

そんな感覚は当たり前だと思います。痛いのが好きな人なんていないですから。

なので、僕自身は予防を行っています。メインテナンスをしてもらうと非常に気持ちがよく、口の中が軽くなった感じがします。
歯ブラシの磨き残しがないかのチェックもしてもらいます。

自分では分かりませんから。大切なことは、予測と予防です。

予測は初診時の検査で行います。
検査の項目は、歯周病の検査、唾液検査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影、食生活アンケートです。

 

検査の目的は、虫歯、歯周病になってしまいそうなリスクの高い習慣、部位を探し、そのリスクを病気になる前にコントロールすることにあります。

 

病気になってから削って詰めるのではなく、病気になる前にリスクをコントロールする方が、麻酔をしなくてもいいですし、痛くないし、気持ち良いのです。

1980年代に「虫歯は外科的に削って詰めての医療で治すことは出来ない」と科学的に証明されています。

歯という臓器に人工物を詰める前に、予防をして、自分の歯を大切にしませんか?

その方法を当院では提供しています。
歯を大切に想うあなたのために予防を軸とした医療を通して、すこやかな人生に貢献すること」
これが日本橋すこやか歯科のミッションです。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

日本橋すこやか歯科
大島拓也

茅場町の歯医者【日本橋 すこやか歯科】茅場町駅 5分の歯医者

日付:  カテゴリ:患者さんへの取組み, 院長ブログ and tagged , ,

当院の治療について

今回は先日当院にて治療を行なった患者さんの写真を通して当院での治療のコンセプトをお話しさせて頂きたいと思います。

患者さんはメインテナンスを希望されて来院された方です。
左下に虫歯があったために治療を行いました。

まず虫歯を削って詰めるか、そのまま経過観察とするかの判断は穴が空いているかで判断をします。たとえ虫歯になっていたとしても穴になっていなく、歯ブラシをすればプラークが取れる環境であれば、わざわざ削ることはしません。

今回は目で見て、穴が確認出来たために治療介入しました。

 

まず治療前の状況です。
虫歯が見えないと思いますが、

 

少し削ると上からでの虫歯が見えています。
歯の周りに見えている緑のシートは「ラバーダム」と言います。
唾液の中には細菌が無数にいるので、治療中の歯の表面に唾液がついてしまい感染するのを防ぐために行います。

 

虫歯を全て取り除いた状態です。

 

コンポジットレジンという口の中で直接盛る方法を行うために、マトリックスというバンドを巻きます。

 

充填し終わって、噛み合わせを確認した所です。

 

この写真はここに載せるために撮影したわけではありません。
基本的に全ての治療で撮影します。

その目的は、自分がどのような処置を受けていて、いま自分の歯がどのような状態なのかを客観的に見てもらうためです。歯科の治療の写真はあまり見たことがないと思います。

しかし、このように客観的な目を持たせることで、きちんとした治療を受けていることが分かります。

少しでも段差があったり、治療中に感染を起こしてしまうと、再発が早くなり、治療の繰り返しのスパイラルは止まりません。

その一回の治療がどれほど大切で、その人の人生にとって後々大きく影響してくることを知っているので、当院では徹底して基本に忠実に治療を行なっています。

ここまで読んでいただいありがとうございます。

日本橋すこやか歯科
大島拓也

茅場町の歯医者【日本橋 すこやか歯科】茅場町駅 5分の歯医者

日付:  カテゴリ:患者さんへの取組み, 院長ブログ and tagged , , ,

健康維持のためにされていることはありますか?

健康な毎日を送るために出来ることは、沢山あると思います。
書店でもテレビでも、SNS でも、健康をテーマにしたものが驚くほど溢れていますね。

日本橋すこやか歯科では、病気を治すことではなく、健康維持のために通院される方がほとんどです。
受診するきっかけは虫歯や歯周病の治療だった方もいらっしゃいます。

しかし、「治療を繰り返すことは正しい歯科のかかりかたではない。」と皆さん気づかれます。

正しい歯科への受診の仕方、それをまず担当歯科衛生士が教えてくれるはずです。
そのきっかけのひとつとして、患者さんへ情報提供をしています。

初めての受診から、現在のお口の中の健康状態を担当歯科衛生士が細かくチェックし患者さんごとに冊子をお作りしてお渡ししています。

治療を始める前にどんな治療が必要なのか、現在どんなリスクがあり、健康維持のためには何が必要なのかご説明し、患者さんおひとりおひとりに合った処方をします。

先日、院長よりこちらでお伝えしました健康ノートがその一つです。

スマートフォンやタブレットなどで検査結果を見られるクラウドによるサービスも順次開始しておりますので、後日こちらのブログにてご紹介いたします。

人生100年の時代、すこやかな人生を選択するのは患者さんご自身です。私たちがどこかでそのきっかけのひとつになれたら幸いです。

歯科衛生士
福山美帆

茅場町の歯医者【日本橋 すこやか歯科】茅場町駅 5分の歯医者

日付:  カテゴリ:患者さんへの取組み, 院長ブログ and tagged ,

健康ノートについて

この度、当院でメインテナンス受診をされている患者さんに向けた健康ノートを刷新しましたのでご報告させて頂きます。

健康ノートのテーマは「MY dental NOTE」です。

ご自身の口の中の情報を知りうる全ての情報をこのノートに載せています。
例えば、口の中の写真、レントゲン写真、口の中に潜むリスクについてなどです。

なぜ自分の口の中の情報が必要なのか?

それは医療をご自身で選択して欲しいからです。
僕自身は歯医者さんは客観性がないことは問題点だと思っています。
歯科医師が、「虫歯ができている」と言われれば削らざる負えないですし、
「治ったです」と言われれば確認する術も無く治療は終了します。

口の中が今どうなっていて、自分がどの様な予防や治療を受けているのか、それは生涯自分の歯にとって良い事なのか。

それを考えるには情報が無いと考えることが出来ません。

なので日本橋すこやか歯科では我々が知り得た情報を全て開示し、患者さんと一緒になって歯を大切にする方法を考えています。

デザインについて

外装はデザイナーの中島牧子さんにデザインをして頂きました。
爽やかな緑と、自分の口の中の情報が全て入っていて「自分のものとして」活用して欲しいという思いを込めて「MY dental NOTE」と名前をつけて頂きました。
表紙の裏には診察券が入るポケットがあり、次回の予約がいつなのかをわかりやすい様にしました。

入手方法について

当院でメインテナンスを行なっている方全員にお渡ししています。

今後の展開について

この健康ノートは「個別化した医療」の土俵だと考えています。
これからの医療は「個別化・予測・予防・参加」と言われています。
口腔内のリスクを調べ将来を予測し、MY denal NOTEでその個別化した情報を患者さんにお渡しし、そのノートとメインテナンスを活用して予防医療に参加してもらう。
そんなことが可能になるのでは無いでしょうか。
これからも科学的根拠に基づき、患者さんにとって有益だと言えるものは随時取り入れて行こうと考えています。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

茅場町の歯医者【日本橋 すこやか歯科】茅場町駅 5分の歯医者

日付:  カテゴリ:患者さんへの取組み, 院長ブログ and tagged

個室の意味

当院の診療スペースは全て完全個室です。

海外では一般的に歯科医院の診療室は完全個室ですが、日本ではまだあまり多くはありません。
ここで完全個室の良い点をここであげさせて頂きます。

①感染予防
②プライバシーの保護
③話に集中が出来る

当院はこの3つだと思います。

①感染予防

歯科医院は医療機関のため危険なものも多く存在します。
特に「エアロゾル」という、歯を削ったときなどに飛び散る微粒子は半径数メートル四方に飛び散るというデータがあります。

そのエアロゾルが飛び散らない様に海外では完全個室にして、患者さん自身が感染症に感染しない様な配慮をしています。

②プライバシーの保護

もし隣のチェアーで知り合いが治療を受けていたら・・・。
恥ずかしくて何も会話が出来なくなりませんか?

しかし歯科医師はそれに気付かず、口の中の状況をどんどん話し出したら、恥ずかしいですよね?

当院ではチェアーの目の前に大きなモニターがあります。

治療の結果や今の状況などを説明する口の中の写真をお見せするためなのですが。

他の人には見られない様に完全個室となっています。

③話に集中が出来る

個室の中に入ると静かで他の音は入ってきません。
受付で話をしている音や、電話がかかってきた音など、診療とは関係の無い音は入ってこない様になっています。

なぜそれが必要かというと、患者さんの貴重な時間だからです。
診療する時間は限られています。

その中で歯を大切にする方法を効果的に学んでいただく為にその様にさせて頂いています。

メインテナンスでは、非常に静かな空間でゆっくりと施術を受けることが出来るのでリラックスして、精神的にもゆったりすることが出来ます。

以上が個室の良い点となります。

ここまで読んで頂きありがとうございます。

日本橋すこやか歯科
院長 大島拓也

茅場町の歯医者【日本橋 すこやか歯科】茅場町駅 5分の歯医者

日付:  カテゴリ:院長ブログ

日本橋すこやか歯科の診療システム(MTM)とは

当院では診療のシステムに、山形県酒田市にある予防歯科の権威、熊谷崇先生が理事長をつとめる日吉歯科診療所のシステム、メディカルトリートメントモデルを採用しています。
熊谷崇先生は、日本の予防歯科の第一人者としてNHK「プロフェッショナル」やテレビ東京「カンブリア宮殿」にも出演され現在もご活躍中で、世界的にも有名な先生です。

メディカルトリートメントモデルとは

メディカルトリートメントモデル(以下、MTM)とは予防先進国であるスウェーデンをモデルに、予防を軸とした質の高い診療を行う事を目的とした診療システムの事です。

MTMを行う目的は、「生涯自分自身の歯で食べ、すこやかな人生を歩むこと」です。その為に、日本人が歯を失う原因の大多数であるむし歯歯周病に焦点を当てます。

この2つの病気は、広義の意味で生活習慣病です。つまり、生活習慣の中に潜むリスク、原因が存在します。

例えば、毎日多くの飴をずっと舐め続けている方がむし歯になって歯に穴が空いて詰めたとします。その後、その生活習慣がそのままであれば、(飴を一切食べないようにするのでなく、食べ方を知ってもらいます)、また新たなむし歯が出来ることは確実です。

その病気の原因が何かを患者さんと共に考えていき、解決していくのがMTMの良いところです。

むし歯で出来た穴の部分を削って詰めても、根本の原因が除去できなければ同じことを繰り返していく一方となってしまいます。
そして、再生能力が無い臓器である歯は、どんどん削るたびに弱くなり、再治療のループから抜け出せなくなります。

その再治療のループから抜け出すために、一番必要なことは、むし歯・歯周病の原因を考え、それをコントロールしていくことです。

それが出来るのがMTMという診療システムになります。

生涯自分の歯で噛みすこやかな人生を送るために、歯を大切にする方法を知って頂き、病気にならないように、痛くならないように歯医者へ通うのが本来の歯医者さんのかかり方です。

自分の歯を大切にするために、今できることから始めませんか?

ここまで読んで頂きありがとうございます。

日本橋すこやか歯科
院長 大島拓也

茅場町の歯医者【日本橋 すこやか歯科】茅場町駅 5分の歯医者

日付:  カテゴリ:院長ブログ and tagged ,

バリアフィルムについて

当院ではバリアフィルムというものを診療の際に歯科用チェアー周りに貼ります。
患者さんからの問い合わせ、質問が多い部分なので今回はそこに触れたいと思います。

バリアフィルムは幅の広いセロハンテープの様なものです。それを診療中に術者が頻繁に触れる所へ貼っていきます。

患者さんからの多い質問は、「それはなんで貼っているの?」や「患者さんが変わるたびに貼り直しているの?」などです。答えは「患者さんや医療従事者が、感染性疾患に感染しないように、患者さんごとに張り替えています」です。

ではこのバリアフィルムは何故、患者さんが変わるたびに毎回貼っているのでしょうか?

これはスタンダードプレコーションという考え方に基づいたものです。
スタンドードプレコーションとは、米国疾病対策予防センター(CDC)が1996年に発表したガイドラインで。病院内のすべての患者ケアに関する感染管理対策のことであり、現在世界的に使用されているガイドラインです。
ガイドラインの詳細はこちら

全ての患者さんの血液,体液(唾液),分泌物(汗は除く),排泄物,あるいは傷のある皮膚や粘膜を、感染の可能性のある物質とみなし対応することで,患者さんと医療従事者双方における病院感染の危険性を減少させる予防策であります。

医院へ報告をされていない患者さんが約5%

歯科医院側へ自分自身が感染性疾患(AIDS、C型肝炎など)に罹っている事を、何らかの理由で報告をしない方が全体の約5%居るという報告があります。その報告通りに考えると当院では毎日数人の患者さんが来院されていることとなります。

スタンダートプレコーションの考えるのもと、きちんとした対応を行うことで問題なく診療を行い、また他の患者さんにも感染しないような心がけをしています。

そして診療が終わると、全てのバリアフィルムを剥がし、次亜塩素酸という消毒薬で歯科用チェアー全体を消毒します。

歯科医院は実は非常に危険な場所です。例えば、歯を削ったりするとその粉塵が半径二メートル四方に飛び散ります。

患者さんも医療従事者も安心して診療を受けられるように、バリアフィルムのような積み重ねがとても大切だと考えています。

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

日本橋すこやか歯科
大島拓也

茅場町の歯医者【日本橋 すこやか歯科】茅場町駅 5分の歯医者

日付:  カテゴリ:院長ブログ and tagged

歯を大切に想うあなたへ…

全ての診療のベースに予防があります。その上で精度の高い精密治療、患者さんと生涯寄り添ったメインテナンスがあります。
日本橋すこやか歯科は、予防を軸とした医療を通じてすこやかな人生に貢献します。