治療方針

治療方針

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス感染対策の目的

新型コロナウイルスは感染しても症状が軽いもしくは症状がない状態(不顕生)で感染力があると言われています。
東京都内でのPCR検査陽性者数が増加していることから、不顕生感染者(症状がない感染者)も同様に増加していると当院では
考えています。
治療が必要な方が安心して当院を受診していただけるようにするため、現在厚生労働省ならびにアメリカ疾病予防管理センター(CDC)のガイドラインに則って感染予防対策を行っております

当院が行なっている取り組み

当院では以下の取り組み等を行っております。
目的は患者さんと当院スタッフを守るためです。

  1. 01
    術者ならびにスタッフの感染予防
    当院すべてのスタッフは毎日検温し、体調管理に努めています。万が一本人もしくは同居者で体調に変化がある場合は出社せず自宅待機の指示を出しています。また診療時にはCDCからでている歯科治療時における感染予防のガイドラインに沿って、診療における感染リスクに応じてN95マスク、アイガード、フェイスガード、サージカルマスク、ガウンなどを着用しています。

  2. 02
    患者さんへのスクリーニング
    来院時には体温測定ならびに、同居者の方を含めた来院までの体調変化や渡航暦の有無を問診表にて確認させて頂いております。質問事項に該当する項目があれば予約の取り直しをさせて頂いております。

  3. 03
    すべての診療室が完全個室
    治療時のエアロゾル飛散防止の為に当院ではすべての診療室は完全個室です。

  4. 04
    診療室内の換気
    エアロゾルならびにマイクロ飛沫による感染の可能性が考えられています。当院では診療室内の換気を常時行なっております。さらに診療ごとに消毒ならびに換気時間を設けて、個室内の消毒・換気を積極的に行っています。

  5. 05
    器具の消毒滅菌
    当院ではすでに患者さんごとで、使用したすべての診療器具をCDCガイドラインに則って消毒滅菌してまいりました。この方法は新型コロナウイルスの感染予防にも適しているため、引き続き徹底して継続していきます。

  6. 06
    70%エタノールでの院内清拭
    新型コロナウイルスに効果を示す70%エタノールを用いて、手指にて接触が起こる場所(ドアノブ、トイレのボタン等)は診療時間内に頻度を高めて消毒を行っています。

  7. 07
    待合室での密集を避けるために院内に居る患者さんの人数を減らす
    待合室にて密集を避ける為に、アポイントを縮小し、院内に居る患者さんを1人か2人までとさせて頂いています。また待合室の椅子の間隔を空け、ソーシャルディスタンスを確保できる様にしました。そして会計、問診票の記入などは個室内で行い、一度に同じ場所に人が集まらない様にしています。

日本橋すこやか歯科院長 大島拓也

茅場町の歯医者【日本橋 すこやか歯科】茅場町駅 5分

日付:   カテゴリ:未分類

歯を大切に想うあなたへ…

全ての診療のベースに予防があります。その上で精度の高い精密治療、患者さんと生涯寄り添ったメインテナンスがあります。
日本橋すこやか歯科は、予防を軸とした医療を通じてすこやかな人生に貢献します。